専門学校トップ > STAR★DREAM > 阿部 奈央
学校法人/専門学校 東京ビジュアルアーツ
資料請求

ドラマ『黒服物語』、『あすなろ三三七拍子』、
『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』、『私の嫌いな探偵』などの照明のプロとして活躍する

照明助手 2013年卒業
2013年卒業 阿部 奈央

1993年生まれ。高校2年のときに母と観たEXILEのコンサートで、舞台の演出に感動して照明の世界を志す。数多くの専門学校などの体験授業に参加し、「自分が楽しいと思える学校に行った方がいい」という先輩の言葉に共感、まさにそれを感じた東京ビジュアルアーツに入学し放送学科で学ぶ。2013年卒業後は、照明技術の専門会社・サンライズアートに入社。主にテレビドラマの現場で照明助手として活躍中。

光ひとつで景色も表情も変わるドラマ。
正解のない面白さにはまっています。

現場ごとに、それぞれ専門のスタッフが集まってチームを組み、映像を作り出していくドラマ制作の世界。阿部は入社以来数々の現場を経験してきた。最近になって、ようやく照明のおもしろさがわかってきたという。「照明技師の方のイメージしている映像に、どうやって近づけていくかが私たちの仕事。でもドラマの現場は、ロケーションも天候も、あらゆる条件が変わっていくので、決まった正解がないんです。光は、その時そのときに作り出していく1回きりのもの。だからこそおもしろいんです」。最近はテレビや映画を見ても、どう照明が工夫されているか想像するのが楽しいという阿部。当面の目標である「フロアチーフ」に向かって、一歩一歩接近中である。

ページTOPへ戻る

Copyright © TOKYO VISUAL ARTS. All rights reserved.