資料請求
専門学校トップ > 進路選びアドバイス > エンターテイメント系

第1部 エンターテイメント系の道を選んだ先輩編

エンターテイメント系の道を選んだ先輩たちは進路の悩みをどうやって解決したの!?

サウンドプロデュース学科 小林紗佳

今日集まったのは、私たちが進路を決める上で感じていた不安について話して、これから進路を決めようとしている高校生のヒントにしてもらおう、という企画です。みなさんよろしくお願いします!

全員

よろしくお願いします!

サウンドプロデュース学科 小林紗佳

まずは業界を選んだきっかけから、順番に。

音響・コンサート学科 星野恵実

私はライブ好きがきっかけで、音楽の仕事がしたいと思ってたの。それで、インターネットで「ライブ」「仕事」とかで検索して、「PA」という仕事があると知って、目指しはじめた。

声優学科 加賀美茂樹

僕は、近所に声優の養成所に通っている人がいて、その人の影響で声優を目指そうと思ったんだ。だけど、親には猛反対された。「成功するかもわからない仕事をやるのか?」って問いつめられて…。
やっぱり親は安定した職業を目指してほしいんだと思う。でも、僕も負けじと「絶対やりぬく」って宣言して、土下座までして説得したんだ。

ダンス学科 山口千尋

土下座までってすごい(笑) 私は小学校のころからずっとダンスの道に進みたいと思ってました。
当時通っていたダンススクールの先生は今でも仲良くって、よく相談にのってもらってる。
ジャンルはずっとストリートダンスだったんだけど、ほかのジャンルを習いたくて進学しました。

ヴォーカル&ミュージシャン学科 木村 慶

僕のきっかけはすごい簡単で、中3の頃に友達にバンドに誘われて、軽い気持ちで始めたら、
見事にはまっちゃった感じ。それからずーっと音楽一筋、ベース一筋でやってます。

サウンドプロデュース学科 小林紗佳

私は高校の時から自分でアニメーションをつくってたんだ。
それで、徐々に映像に音をあてるのが楽しくなって、サウンドプロデュース学科に入りました。

声優学科 加賀美茂樹

なるほど。ところで、さっきも言ったように僕は親に猛反対されたんだけど、
みんなは反対されなかったの?

ダンス学科 山口千尋

私は小学校の頃から、親に何度も舞台を見てもらって、時間をかけて情熱を伝えてきたから、
納得してくれたよ。

ヴォーカル&ミュージシャン学科 木村 慶

うちの親は最初反対してて、「大学の方がいいんじゃない?」って言われた。でも大学って理論系の授業が多いんだよね。それに対してこの学校は実践の中で知識を教えてくれるから、すごいわかりやすい。そういう大学との違いを説明して説得したら、「やれるところまでやってみなさい」って言ってくれた。

サウンドプロデュース学科 小林紗佳

私は親にこの業界に進みたいって突然言ったから、すごいビックリされたけど、すぐに納得してくれた。
うちの親は早く進路を決めることが重要って言ってたな。大学でも専門学校でもいいから、
早く次の段階に進みなさいって。

音響・コンサート学科 星野恵実

うちも全然反対されなかったな。「好きなことやりなさい」って。
体験授業にも一緒に来てくれて、すごい協力的だった。

ダンス学科 山口千尋

親が学校に来てくれるのはいいね。
実際に学校を見ると説得力あるもんね。

音響・コンサート学科 星野恵実

うん。私自身も4回体験授業に来たよ。一回じゃ学校の全部はわからないし、
何より先輩たちが接しやすくて何回も来たくなった。

ヴォーカル&ミュージシャン学科 木村 慶

わかる。僕は高2の夏から何十回って来てたよ。

全員

何十回!?

ヴォーカル&ミュージシャン学科 木村 慶

ここの先生は業界的には一流の有名な先生が結構いるでしょ。そういう一流の人が、難しい技術もちゃんとできるまで教えてくれる。行く度に上達するからオープンキャンパスは何回でも行きたくなるんだよ。他の学校は先生と少し距離がある感じがしたな。

サウンドプロデュース学科 小林紗佳

わかるわかる。人数が多すぎる学校は、質問しづらいんだよね。
やっぱり2年間通うんだから、どんな環境でどんな人が教えてくれるのかは、大事だと思う。

ダンス学科 山口千尋

そうだよね。あと私は、ゼミも魅力に感じたな。
ネイルにも少し興味があって、いつか勉強したいと思ってたから、特殊メイク学科のネイルゼミの授業も受けられるって聞いて、やりたいこと全部できる!って嬉しかった。

サウンドプロデュース学科 小林紗佳

この学校は他の学科とも強く結びついてるのがいいよね。
ほかに進路を決める上で不安だったこととかあった?

音響・コンサート学科 星野恵実

やっぱり、将来食べていけるか不安に思ったな。

ダンス学科 山口千尋

私も。今でも不安がなくなったわけではないけど、ダンス業界で言えば、バックダンサーや
テーマパークダンサー、インストラクターなど、自分が思ってた以上にいろんな仕事があって、少し不安は和らいだかな。

サウンドプロデュース学科 小林紗佳

私は将来のことより、まず学校にちゃんと通えるかが不安だった。授業についていけるかとか、お金の問題とか。奨学金の申請がギリギリになっちゃって、親にはすごい怒られた(笑)お金のことはちゃんと調べておかないとね。あと、友達ができるかも不安だったな。

声優学科 加賀美茂樹

わかる。でも同じ学科の人は、目指すものが近いからすぐ意気投合するよね。
あと僕も、授業についていけるか不安で、先生にとにかくいっぱい質問した。
みんなは不安ってどうやって解消したの?

ダンス学科 山口千尋

まずは、業界に詳しい人に相談するのが第一かな、あとはもう行動するしかないって思った。
ストレッチでも、筋トレでも、とにかく続けることが将来につながると思うし、体を動かすと不安が和らぐんだよね。そういう意味では体験授業に参加するのも不安解消の一つの方法。

音響・コンサート学科 星野恵実

私は業界のことを何も知らない所から進路を選んだし、自分にできるのか不安だったけど、一度踏み出したら、業界のことを知らないからこそ、今から全部学びたい!って思うようになった。とにかく行動してみるといいって、私も思う。

サウンドプロデュース学科 小林紗佳

そうだね。じゃあ私たちからのアドバイスは「とにかく行動してみて!」っていうことで。
今日は普段聞けないみんなの話しが聞けておもしろかったです。ありがとうございました!

全員

ありがとうございました!

エンタメ・クリエイティブのシゴト90
ページTOPへ戻る

Copyright © TOKYO VISUAL ARTS. All rights reserved.