資料請求
専門学校トップ > 進路選びアドバイス > クリエイティブ系

第2部 クリエイティブ系の道を選んだ先輩編

クリエイティブ系の道を選んだ先輩たちは進路の悩みをどうやって解決したの!?

特殊メイク学科 特殊メイク専攻 守下友希

今日は僕らが進路を決める上で悩んだことなどを語り合って、今の高校3年生のお役に立ててもらおうということで集まりました。よろしくお願いします。

全員

よろしくお願いします!

特殊メイク学科 特殊メイク専攻 守下友希

では、まずは、どんな業界を目指しているかを言っていこう。

メディアクリエイト学科 箕田実咲

私は高3まで目的もなく大学に行こうとしてたんだけど、そんなんじゃダメだと思って。
で、雑誌が好きだから、デザイン・マスコミ業界を目指してみようと決めました。

放送学科 井上凌斗

俺は、高3で進路を考えた時、バラエティ番組の企画とか考えるの好きだなぁって思い浮かんで、インターネットで調べたらそういう仕事があると知って、目指そうと決めた。

映画学科 西原風美子

うちは親が映画大好きで、子供の頃からよく一緒に映画を観てたから、
自然な感じでこの業界を選んだよ。

写真学科 花ヶ崎拓也

俺は中学の時サッカー部で、プロの試合のボールボーイをさせてもらう機会があったんだけど、
その時にゴール裏でごっついカメラで写真撮ってる人がいて、何だあれは!って。
それから、スポーツフォトの世界を意識するようになった。

特殊メイク学科 メイクアップアーティスト専攻 佐藤美友

試合よりカメラマンが気になったんだ(笑) 私は中学の時に、少し芸能活動に興味があって映画のエキストラに出たことがあるんだけど、そこでプロのメイクさんにメイクをしてもらったの。
手際が良くてすごい!と思って、それからメイクの仕事に憧れるようになりました。

特殊メイク学科 特殊メイク専攻 守下友希

僕は高3の夏まで「経済」の道に進もうと思ってたんだけど、
急に特殊メイクに興味が湧き始めて進路変更した。

特殊メイク学科 メイクアップアーティスト専攻 佐藤美友

え! 突然? 親とか反対しなかった?

特殊メイク学科 特殊メイク専攻 守下友希

最初は「はぁ?」って言われた…当前か(笑)でもきっかけは曖昧でも気持ちは本気で、必死に説得した。みんな親は納得してくれたの?

写真学科 花ヶ崎拓也

俺も最初反対された。やっぱり写真業界で成功するって難しいイメージがあるし、
自分でも食って行けるか正直不安だった。
でも、写真がやっぱり好きで写真を撮り続けながら地道に説得したらわかってくれたよ。

特殊メイク学科 メイクアップアーティスト専攻 佐藤美友

私も、「プロになれなかったらどうするの?」って厳しく言われた。でも、簡単には諦められなくて、
具体的にこういう仕事がしたくて、そのためにこの学校に行きたいって計画を提示
したら親は納得してくれたよ。

放送学科 井上凌斗

俺も説得したパターン。親は業界のこととか全然知らないからね。
こういう仕事があるんだってとこから説明して説得した。

映画学科 西原風美子

うちの場合はさっきも言ったけど、親が映画大好きだから、
むしろ「いけいけ」って感じですぐに納得してくれたよ(笑)

メディアクリエイト学科 箕田実咲

私はお金の面で厳しく言われたな。
でも最終的には、何となく大学行くより、専門学校行ってやりたいことやった方がいいって応援してくれるようになったよ。

特殊メイク学科 メイクアップアーティスト専攻 佐藤美友

やっぱりこの学校って、自分のやりたい事をしっかり持って来る人が多いよね。
東京ビジュアルアーツにした決め手とかってある?

メディアクリエイト学科 箕田実咲

私はデザイン系の学校の体験授業にいくつか行ったんだけど、教えてくれる先生とか、学校の空気って大事だなって感じたから、先生が親しみやすく、雰囲気の良かったこの学校に決めたんだ。

放送学科 井上凌斗

俺は完全に就職実績で決めたな。

映画学科 西原風美子

私は、父がここの卒業生で、歴史もあるし安心できると思って決めた。

特殊メイク学科 特殊メイク専攻 守下友希

僕は、学校にある特殊メイク作品を見て、すげぇと思って。
あと、テレビで特殊メイク学科の江川先生特集を見て、ここしかないって決めた。

特殊メイク学科 メイクアップアーティスト専攻 佐藤美友

私は、いろいろ資料請求した中で、設置学科が多くておもしろそうな学校だと思ったから。
実際に学校に来てみたら、先生や先輩も優しくて、すごく気に入ったし、
他の学校は見ないで決めたよ。

写真学科 花ヶ崎拓也

俺も5回ぐらい来た。俺がこの学校を選んだ理由は、FC東京と提携しててプロの現場で学べるから。これは他の学校ではあまりやってないし、将来仕事すること考えたら、やっといて絶対損はないと思ったから。

特殊メイク学科 メイクアップアーティスト専攻 佐藤美友

やっぱり卒業後のことは考えるよね。私も、美容師じゃなくてタレントさんのメイクの仕事がしたいって思ってたから、どれだけ業界と接点があるかは重要視した。

特殊メイク学科 特殊メイク専攻 守下友希

僕も、学生の間にどれだけ現場に出る機会があるかってのは気にしてたな。
特殊メイク学科はハリウッド研修があって、現地に行ってメイクショーを観たり、メイク工房で実習させてもらったりするんだよ。

メディアクリエイト学科 箕田実咲

それはすごいね。私は今も、この仕事向いてるのかなって不安になることはあるけど。
学校入ったからにはやるしかないよね。

放送学科 井上凌斗

うん。俺は2年間頑張れば、なりたい職業に
なれるぞって信じきってるよ(笑)

映画学科 西原風美子

その気持ちって大事だよね。自分を活かせる仕事、人の役に立つと思える仕事を目指すのが一番だと思う。

メディアクリエイト学科 箕田実咲

うんうん、何となくの流れで大学に行くのはもったいないしね。
ちゃんと意志を持って進路を選んでほしいって思う。

写真学科 花ヶ崎拓也

そうだね。変に業界とか専門学校を恐れないでほしいとも思う。東京ビジュアルアーツなら初心者でも全然やっていけるし、最初はレベルもそう違わない。まずは、自分のやりたいって気持ちを大事にして、オープンキャンパスとかに来てみるといいと思います。

特殊メイク学科 特殊メイク専攻 守下友希

うん、「自分の気持ちには正直に!」ってことだね。
というわけで僕らの話は以上です。今日はありがとうございました!

全員

ありがとうございました!

エンタメ・クリエイティブのシゴト90
ページTOPへ戻る

Copyright © TOKYO VISUAL ARTS. All rights reserved.