資料請求
専門学校トップ > 学科ラインアップ > 映画学科 > 映画監督専攻
学校法人/専門学校 東京ビジュアルアーツ
専攻イメージ

映画学科 / Movie Dept. 映画監督専攻

映画制作への情熱は、誰にも負けない。

本専攻では豊富に用意された実習経験を通じて、映画監督や映画プロデューサー・脚本家に必要な要素を習得。在学中に制作した作品を劇場公開したり、様々な映画祭に出品するなどの環境も用意しています。

目指す未来の仕事

映画監督 映画プロデューサー 脚本家 ほか

専攻イメージ
北海道出身 : 樋口 昂平

想像を映像にする快感 !神奈川県出身 小林 実織

想像した世界を映像で表現する映画の魅力に惹かれたんです。勉強になったのは、劇場公開映画制作プロジェクトに参加したこと。映画を仕事にしていく覚悟が試され、映画に対する情熱がさらに高まったと感じています。

主なカリキュラムの内容と時間割例

劇場公開映画を制作。

本校独自の劇場公開映画制作プロジェクトによって、実際に劇場公開映画の制作に参加します。在学中から監督としてデビューするチャンスもあります。

時間割

主なカリキュラム

映画制作実習16mmフィルムを使用したグループ制作。企画・脚本・撮影・編集と、現像・プリント以外の全作業に取り組む。

映画基礎(演出)映画制作する上での「演出部」の仕事について学ぶ。カチンコの叩き方からスケジュールの立て方、役者さんへの演出を習得する。

シナリオ制作シナリオにおける基本的な作法から様々な手法について学ぶ。担当講師の添削・講評を繰り返し受けることでスキルを磨く。

★選択ゼミナール

【1年次・後期】
専攻を問わず「演出」「撮影」「照明」の中から2つを選んで受講する。

【2年次・通年】
専攻を問わず「映像作家」「照明」「After Effects」の中から1つを選んで受講する。

※教育効果を考慮し、変更する場合があります。

専攻・コース紹介

総合映画専攻 総合監督専攻 映画技術専攻 映画学科ブログ
学科ラインアップへ
ページTOPへ戻る

Copyright © TOKYO VISUAL ARTS. All rights reserved.